上神谷(にわだに)という地名は、遡ること670年、現在の鉢ケ峯寺に創建された鉢峰山閑谷院長福寺(現:法道寺)がはじまりとされています。寺伝によると、鳳凰の姿に変えた天照大神が降臨した跡を祀るため、この地に社を造ったとあります。これ以来、この地を神の郷と呼ばれ、現在の上神谷(にわだに)という地名になったといわれています。

 【現在の上神谷地区各町の地名になるまでの変遷】
※1889年(明治22年)4月1日から現在まで、それ以前は今後調べる予定です。
  1889年(明治22年)4月1日、町村制施行により大鳥郡(片蔵村・田中村・豊田村・栂村・富蔵村・釜室村・畑村・逆瀬川村・鉢ケ峯寺村)誕生。
  その後、片蔵村・豊田村・田中村・栂村は合併し大鳥郡中上神村(なかにわむら)になり、富蔵村・釜室村・畑村・逆瀬川村・鉢ケ峯寺村が合併し大鳥郡南上神村(みなみにわむら)になる。
  1894年11月10日、中上神村と南上神村が合併し、大鳥郡上神谷村となる。
  1896年4月1日より泉北郡上神谷村となる。
  1955年4月1日より、上神谷村・久世村・西陶器村・東陶器村と合併し、泉北郡泉ヶ丘町となる。
  1959年5月3日よち、現在の堺市に編入され、泉北郡泉ヶ丘町は消滅する。
  これ以降、堺市(泉田中・片蔵・釜室・逆瀬川・栂・富蔵・豊田・畑・鉢ケ峯寺)となっており、地区としては途中で加わった緑ヶ丘(※住所地は鉢ケ峯寺)を含め、現在10自治会になっている。
  2006年4月1日より、堺市の政令指定都市移行に伴い、堺市南区(泉田中・片蔵・釜室・逆瀬川・栂・富蔵・豊田・畑・鉢ケ峯寺)となった。