katakura1.jpg


片蔵の現だんじりは、平成24年に岸和田市大北町より嫁いできた岸和田型地車です。
大正9年新調。
◎大工
 久納久吉
 久納幸三郎
 (購入に伴い、隆匠にて修復)
◎彫師
 一元林峯
 森 晴秋
 (購入に伴い、賢申堂:河合申仁師にて番号持ち、台木、旗受を新調)
≪彫物≫
 番号持ち=お多福
 大屋根枡合=(正面)神武天皇東征伐
 大屋根枡合=(右)神功皇后応神天皇平産
 大屋根枡合=(左)日本武尊 野火の難
 小屋根枡合=(正面)天孫降臨
 小屋根枡合=(右)仁徳天皇 民の竃の煙を見る
 小屋根枡合=(左)素盞鳴尊 八岐大蛇退治
 松良=(右上)石川兵助討死
 松良=(右下)加藤虎之助 山路将監討取り
 松良=(左)安宅の関 弁慶義経懲打
 縁葛=(正面)弥次喜多大井川渡り
 縁葛=(右)五右衛門風呂
 縁葛=(左)赤坂宿
 大連子=(正面)貴田孫兵衛の討たれる
 大連子=(右)小西行長の家臣 何候を討つ
 大連子=(左)金 汝吻を討つ
 小連子=(正面)福島市松の強力
 小連子=(右)加藤虎之助 墨俣城に初出仕
 小連子=(左)茶坊主に化け難を逃れる秀吉
 土呂幕=(正面)加藤嘉明海峠で浅井吉兵衛討取り
 土呂幕=(右)漕屋助右衛門 宿屋七左衛門討取り
 土呂幕=(左)福島市松 拝郷五左衛門討取り
 見送り=越前北之庄落城
 旗受=見る獅子 言う獅子 聞く獅子
 台木=田家の早梅

先代は、平成3年に池内工務店にて新調された折衷型上地車です。
平成24年岸和田市大北町の地車購入に伴い、和歌山県橋本市古佐田区へ売却しました。
◎大工
 池内幸一(池内工務店)
◎彫師
 野原湛水
 木下賢治
 川原和夫
≪彫物≫
 大屋根懸魚=雄略天皇 猪退治
 小屋根懸魚=野見宿弥 当麻蹴速を蹴殺す
 大屋根車板=鷹の猿捕り
 小屋根車板=青龍
 大屋根虹梁=滝川の決戦
 大屋根枡合=(右)楠公子別れ 桜井の駅
 小屋根枡合=(左)新田義貞 稲村ヶ崎宝剣
 見送り=千早赤阪城之合戦
 縁葛=忠臣蔵
 土呂幕=(正面)五条大橋の出会い (後方)義経八艘跳び
平成13年大修理。

先々代は、江戸末期から明治時代に新調されたとされる、板勾欄出人形式住吉型。大工は、住吉大佐か。彫師は、彫又一門。東大阪市大蓮南へ売却された。

先々々代は、江戸末期から明治初期に大阪市住吉方面にて新調されたとされる、板勾欄出人形式住吉型。 大工は、住吉大佐か。彫 師は、彫又一門。明治20年頃に購入するが、諸事情により2年間しか曳かれず、明治30年に堺市堀上町に売却した。