上神谷だんじり祭

大阪府堺市南区にあります上神谷地区のだんじり祭を紹介しています。 毎年10月の第一日曜日に櫻井神社へ宮入を行います。 祭を通じて上神谷地区の親睦また地域の振興を図るために開設した個人のブログです。 各町会組織とは一切関係ありません。

カテゴリ: 管理人の田舎者日記

上神谷の方はご存知ですよね(^_^;)

櫻井神社の中に、神輿庫があることを。

私、一度も全貌を見たことがありませんが神輿入ってます。

ど真ん中に透明の窓があります、でも真っ暗なのでわかりません。

さぞかし古い彫物が見れるんではないかと(;´・ω・)

この神輿庫、もとは仏教寺院の名残、鐘楼だったようです。


櫻井神社由緒略記によると慶応4(1868)年、神仏分離に際し、仏像仏具絵巻等は片蔵の金福寺へ移管し、阿弥陀堂は、別所の法華寺へ譲渡。

鐘楼は神輿庫に改造し現存。


看板には「享保16年再建、昭和53年修理 僧形八幡神功皇后奉安神輿格納」と書かれています。



誰か見た方居てるんでしょうか...

ほな(^.^)/~~~



niwadani_tiiki%20017.jpg

あの伝統行事の時期がやってきましたね。

子ども達が楽しみにしている「いのこ」の季節がやってきました(^^)

私が小学生の頃は、ほんと楽しみで仕方がなかったです(笑)

私の村では、先週、ご年輩の方々にお越しいただいて「いのこ槌」の作成講習会を行いました。

父兄のみなさん、講師に教わりながら一生懸命汗だくになりながら作成いただきました。

私の村は、今週「いのこ」を行います。

上神谷各村によっては日程がバラバラだと思います。

「いのこ」の事を全く知らない方々に簡単に説明させていただきます。
「いのこ」とは、子ども達が米の収穫に感謝するとともに、家あるいは村全体の繁栄を祈願するために、歌を歌いながら、いのこ槌をついてまわります。終わったあとは、お駄賃をもらったり、カップ麺を食べたりしています。

この伝統行事ですが、上神谷地区以外では陶器地区でも同様のことをされているようです。
また他県においては、形式が違いますが「いのこ」は行なわれているようです。

下記画像が「いのこ槌」です。
inoko.JPG


参考に私の村の動画ではないですがYOUTUBEにアップされていたものをご覧ください。



追伸:
当日は、私、子ども会役員として頑張ります(^^)

上神谷地区の祭礼に参加されました関係者のみなさま、試験曳き・宵宮・本宮と三日間お疲れ様でございました。

今年雨が降らずでよかったですが、暑すぎました。

飲料水の出が例年よりも多かったと聞いております。

さて、来年に向けて新たなスタートが切られました。

来年も楽しく祭礼が出来ることを切に願い、頑張って参りましょう。

本当にお疲れ様でした(^O^)


…︎

告知︎

10月20日は、上神谷のこおどりが伊勢式年遷宮に参加します。
だんじりよりも古い伝統芸能です。
関係者のみなさま、頑張って下さい!!


追伸
『だんじり』だけが取りだたされますが、上神谷地区では『こおどり』も見どころの一つです。

連合曳行で『だんじり』と『こおどり』のコラボも上神谷の魅力をあげる一つだと思う今日この頃です(^_^)

za.danjiri87.jpg

『躍動!!泉州路’87 ザ・だんじり』


先週の日曜日、子供会の新聞回収をしていたら、ある一軒で回収物に含まれていました(@_@;)!


だんじりが大好きな方であれば、誰でも欲しがるであろう一品!!


GET~!!


26年前、当時私は15歳(年齢バレた(笑))


だんじりの魅力の「み」もわからなかった年頃です。


ほんと26年の間に、上地車から下地車に変わったところがいくらあるんでしょうか?


現在、下地車になっているところも、当時は上下にしゃくってましたね。


貴重な資料をありがとう、私の地車書庫入りさせてもらいました!!


a1.jpg


 多分どなたでも他地区の祭て気になるところだと思います。

まずは、その前に、どこらへんに上神谷地区があるかと申しますと堺市南区に位置します。路線でいいますと、泉北高速鉄道 泉ヶ丘駅から栂・美木多駅の間の谷あたり、泉北一号線と泉北二号線が交差するあたりから以北・以南は上神谷地区になります。

片蔵に所在する国宝 櫻井神社、鉢ヶ峯寺にありますハーベストの丘、その他泉ヶ丘カントリークラブ、泉田中ゴルフセンターなどご存知かなと思われます。

さて、上神谷では三つの祭が観れるというのが特色ではなかろうかと思います。

1.片蔵、釜室、栂、豊田による地車の『やりまわし』

2.泉田中による地車の『お辞儀・ドンチキ・横揺らし』

3.鉢ヶ峯寺の『こおどり』

1と2は、連合曳行で同時に見れます。
2と3は、櫻井神社宮入で見ることができます。

管理人は、宮入後の『こおどり』奉納を見たことないです(⌒-⌒; )

どれもこれも見所満載!!

是非お時間ございましたら起こし下さいませ。

宣伝でした〜(^_^)

↑このページのトップヘ